採用サイト先輩からの声

  • 工事部施工管理
  • 2016年入社
  • 木下 恵介
  • Keisuke Kinoshita

文系大学なので、将来は漠然と
会計士や税理士になるんだと思っていました。

いつか自分の手で家を建てるのが夢でした。

商業高校から経済学部に進み、将来は漠然と会計士や税理士を目指すものだと思っていましたが、就職活動の時期を迎えて就職先を真剣に考えなおした時に、いろんな業種の中で一番心に刺さったのが建築の仕事でした。「夢の家を設計して、自分の手で建ててみたい」という夢を持ったものの、一般的な建築会社は建築学科の生徒を採用する傾向があり、文系の私は、どの会社も門前払いでした。そんな時に出会ったのが「学部不問」だったマルケイ。私にとっては、本当に希望の光でした。

何もなかった土地に建物が建っていく過程が楽しい

「家を作りたい」と夢は持っていても、そもそも現場監督の存在を知らなかった私。入社してからは、すべてが初めてで、戸惑うことばかりでした。それでも、先輩の仕事を見ながら、建築の基礎的な勉強をしたり、施主の希望を職人さんと形にしていったりすることが、とても楽しく、難しい仕事ながら、とてもやりがいを感じています。新築の仕事では、何もない更地から、だんだん形が表れてくるのが楽しみ。完成したときの喜びはひとしおです。
これから入社する方へのアドバイス
入社したものの、私も何もかもが全然わからず不安になった時もありますが、困った時も会社に戻れば部署を超えて会社の先輩や上司が教えてくれるので、大丈夫。興味とやる気さえあれば、あとはなんとかなると思います。アットホームな会社なので、心配いりませんよ。

Intervew Message

  • 文系学部から建築業界へ
  • 現場監督の仕事というもの
  • この会社を選んだ理由と就職活動している学生の皆様に

一覧へ戻る

MARUKEIコーポレートサイトへ